ダイエットジプシーって知ってましたか?結局痩せないんですよ…(泣)

ダイエット

 

ダイエットが続かない人!3つの特徴

これから薄着になる夏に向けて、今年こそは続くダイエットを成功させたいものですね。そのためにはまず、ダイエットの失敗事例で最も多い「続かない」パターンをしっかり把握して、「続けられる自分」作りから始めましょ!
ダイエットというと、「途中で挫折してしまう」「なかなか続けられない」パターンが大変多いと思うのですが、続かない人の特徴というのがあるのでしょうか?
大きく分けると、3タイプに分けられると思います。

 

(1)「熱しやすく冷めやすい人」

最初はやる気に燃えて、あれもこれもと、情報収集や勉強をして試すのですが、いっぺんにやりすぎるので、詰め込みすぎて一日中ダイエット漬けになってしまうことも。「3〜4時間のランニングをやったから、1キロは減るだろう」と結果がすぐに出るものと期待します。これは、男性に多いタイプです。
しかし現実はそうはいかないので、期待する結果が得られない事でやる気をなくしてしまう。また、人というのは、それまでの行動を減らすことに抵抗を感じる傾向があります。
一度にやりすぎた人は、そこから行動を減らすことに罪悪感や劣等感を感じてしまい、中途半端にやるならやらないほうがいいという結論になります。結果、レベル100から全くやらない0へ……という極端な結論になりがちです。

(2)完璧主義もダイエットには不要

何でも完璧にこなそうとするために、体調や心が不調の時に、決めたダイエットメニューを少しでもこなせないと、自分を許せなくなって全部やめてしまうパターンです。人間誰にでも、不調な時というのはあるもの。自分を許してあげましょう。
スクワット毎日100回、と決めたら絶対100回はしないといけない!糖質制限と決めたら、一切糖質は食べない!など。出来ない時の自分を「さぼる」と捉えてしまいます。ダイエット継続のキーワードのひとつは、完璧より「習慣化」なんです。スクワットは、100回でなくていいのです。10回でもいいから、歯磨きしながらでもいいですし、日常の中に上手に取り入れて、習慣にすることが大切です。

 

(3)『青い鳥症候群』追い求めてばかりでは理想体重は掴めない

「より良い方法」を追い求め、次々と中途半端にダイエット法を変えるために痩せられないタイプです。「この方法はもう古い」「これからはこれ!」といった、ダイエット業界の宣伝文句に踊らされやすいともいえます。
体というのは、ひとつの習慣に慣れるまで時間がかかるもの。それを次々変えていては、効果が出る暇もありません。ダイエットは長期戦で行きましょう。

ダイエットというと、つい気合いが入ります。完璧主義などは思い当たる節がある方も多そうですね。完璧でなくていいのです。
リバウンドしないダイエットの秘訣は、完璧ではなく、自分に合った形で続ける事です。完璧にしないと……と思うと、それだけで負担になってしまいますから、楽しくダイエットして今年こそ理想の体重を手に入れましょう!

 

 

ダイエット
「痩せるサプリ」って本当にあるの?

サプリメントは「食品」です! 勘違いをしている人がいるかもしれません。サプリメントはあくまで「食品」 …

ダイエット
美脚・美ヒップ・美姿勢になる!かんたん解消ストレッチ

がにまたでスクワットするなんて、誰かに見られたら恥かしくて、笑っちゃいますけど、股関節を外側に向けた …

ダイエット
「ピーマン尻」ってスマホの見過ぎでなるの!?

後ろ姿を一気にオバサン化させてしまうどっしり大きなヒップ。ヒップの形や大きさは、椅子の座り方に大きな …